保険通販と保険ショップの利用方法

規制緩和によって保険業界は大きな変革が生じています。特に今まではサービスや保険内容がどの保険会社でもほぼ同じであったのですが、規制緩和や市場開放によって様々な保険会社が日本市場に参入しています。特に外資系の保険会社については積極的に日本市場へ参入し、大きなシェア拡大を狙ってテレビ広告などで宣伝活動を行っています。特に以前は保険会社に勤める女性などが会社の職場などを回って保険の営業を行うことが一般的でしたが、営業を行わないで保険への加入を募集する形の企業も多くなってきました。

このような会社に出向くなどの営業を行わない保険会社の特徴として保険通販の利用があります。インターネットなどを利用して条件を入力するだけで保険契約をすることが出来る保険通販は営業費用が掛からないことから、急速に普及してきました。特に自動車保険での分野では日本企業の中でも新しく自動車保険に多く参入しており、激しいサービス競争が行われています。このような規制緩和によるメリットは競争によって保険価格が安くなると共に、ロードサービスや事故処理対応などのサービスの充実も図られているということです。

また、近年登場したサービスとして保険ショップの存在があります。今までは各保険会社の営業が自社の保険を販売するという方法あ一般的でしたが、保険ショップでは複数の会社から保険サービスを選ぶことが出来るため、それぞれの保険会社の商品を比較することが出来るのです。このようなサービスによって各保険会社の商品について客観的に比較することが可能であり、自分に最適な保険商品を選ぶことが出来るのです。保険業界はこのように激しい競争を行っていますが、消費者にとっては大変利用し易い環境となっているのです。



 link/ 00/ 01/ 02/