保険通販のメリットとデメリット

保険通販にするメリットはなんといっても、保険代金の安さです。バブルの崩壊、リーマンショック等で世間はデフレ傾向で、サラリーマンの年収は上がることは少なく、逆に下がる傾向にあるのです。そのため一般家庭では少しでも支出を減らすべくいろんなことをしてきました。生命保険も支払がかなり多いのがネックになっていたのです。それを保険通販にすることでかなり保険代金を減らすことができます。もともと生命保険、医療保険は代理店、セールレディと言われる保険外交員が個別に回っていて保険を勧誘していたのです。

いままでの日本型の生命保険会社は、管理費が非常に高かったのです。それをカットしたのが外資系の保険会社のダイレクト保険です。これが保険通販なのです。勧誘員を介さずに直接インターネットなどで保険の加入ができるのです。もちろん不明点についてはコールセンターに問い合わせるのです。しつこい勧誘も受けなくていいのがメリットとも思われるかもしれませんが、事前の詳細の説明等を聞けないというデメリットとも考えられるのです。

生命保険の契約には約款が非常に細かいのです。通販保険ですと簡単な申し込みと細かい条件があるのですが、その細かい条件をしっかり理解しないと後で、保険金がおりないというトラブルにもなりかねません。そのようなトラブルが多いのでファイナンシャルプランナーなどが保険診断をしてくれたり、保険相談にも応じてくれます。生命保険、医療保険はいざという時のためのものです。内容をしっかり理解して申し込みをするようにしましょう。



 link/ 00/ 01/ 02/